サポーターズ公式note

「カッコイイオトナを増やす」というビジョンの元、エンジニア学生の約3人に1人が利用する就活支援サービスを運営している【株式会社サポーターズ】の公式noteです。

サポーターズ公式note

「カッコイイオトナを増やす」というビジョンの元、エンジニア学生の約3人に1人が利用する就活支援サービスを運営している【株式会社サポーターズ】の公式noteです。

    マガジン

    • 企業事例インタビュー

      サポーターズをご利用頂いている企業さんに代表楓がインタビュー!

    • 新卒エンジニア採用よもやま話

      サポーターズエヴァンジェリスト久松による、新卒エンジニア採用に関するよもやま話を月1で更新

    • 技育プロジェクト 実施報告まとめ

      技育プロジェクトの実施報告noteをまとめます!

    • 技育展まとめ

      技育展の参加ユーザーによる感想noteをまとめます!

    • ユーザーインタビュー

      サポーターズのユーザーにインタビュー!

    リンク

    企業事例インタビュー

    サポーターズをご利用頂いている企業さんに代表楓がインタビュー!

    すべて見る

    高専でエンジニアが授業も 独自路線を貫くフラーの新卒エンジニア採用戦略

    デジタルに特化したもの創りのプロフェッショナル集団・フラー。特徴的なのは、従業員のうち約2割が高等専門学校出身ということ。フラーが新卒エンジニア採用を強化する理由とは。VPoE エンジニアリンググループ テックリード 畠山創太さん、人事採用グループ 採用ユニット ユニットリーダー 林瑞穂さんに、サポーターズ 代表 楓が聞きました。 新卒エンジニア採用・育成のポイント 「言われたものを作って納品して終わり」ではないフラーのこだわりを伝える 登山アプリをつくるときはチーム全

    ヤプリ CTOと新卒エンジニア第1号に聞く初めての新卒採用、オンボーディングの秘訣とは?

    アプリ開発・運用・分析をノーコード(プログラミング不要)で提供するアプリプラットフォームYappli(ヤプリ)。開発・運用・分析がオールインワンで完結できるとあって、さまざまな業界で導入が増えています。 ヤプリが新卒エンジニア採用を強化した理由とは。そして、新卒エンジニアをうまくオンボーディングする秘訣とは。執行役員 CTO 佐藤源紀さんと、新卒エンジニア第一号のプロダクト開発本部 加納辰真さんに、サポーターズ 代表 楓が聞きました。 新卒エンジニア採用・育成のポイント

    スキ
    20

    入社1年で8割が一人前 サイバーエージェントの新卒エンジニアが急成長できる理由

    「技術のサイバーエージェントを創る」。2006年、代表取締役社長の藤田晋さんがこう宣言し、同社はテックカンパニーへと舵を切りました。16年後の今、従業員の約4割が技術職。継続してヒットを生み出す競争力の源泉は、エンジニア採用・育成にもあるようです。 サポーターズは、創業以来10年、サイバーエージェントの新卒エンジニア採用を支援してきました。サイバーエージェントが独自に考案した、伸びるエンジニアを見出す採用基準、そして、若手の成長を促すための仕組みとは。常務執行役員(技術担当

    スキ
    13

    DeNAが貫く、学生の人生にコミットする新卒エンジニア採用

    エンターテインメントと社会課題解決の2つを軸に、さまざまな事業を展開するDeNA。「技術を活かし、新しい価値を創造する」をテーマに、多様な専門性を持つエンジニアが切磋琢磨する環境だ。そんなDeNAが、新卒エンジニア採用に力を入れている理由とは。常務執行役員 CTO 小林篤さん、新卒採用マネージャー 長尾周一さんに、サポーターズ 代表 楓が聞きました。 新卒エンジニア採用・育成のポイント 経験と勘に頼った新卒エンジニア採用活動からの脱却 「学生の人生にコミットする」を掲げ

    スキ
    19

    新卒エンジニア採用よもやま話

    サポーターズエヴァンジェリスト久松による、新卒エンジニア採用に関するよもやま話を月1で更新

    すべて見る

    これでもう迷わない 新卒採用での自社の強みを整理しよう

    今回のテーマは「自社の強みの整理」についてです。候補者に訴求するだけでなく、採用体制をスケールさせるためにも必要なのが、事前に自社の強みを整理することです。新卒ITエンジニア採用を念頭に置きながらお話します。 自社の強みの整理を何故しなければならないのか2015年頃までの就職氷河期に伴う買い手市場では、企業は応募のあった候補者に対して選ぶ立場のみで問題ありませんでした。しかし売り手市場の現在では候補者を選びつつも、候補者から進路として企業が選ばれなければなりません。 言

    スキ
    9

    ITエンジニアの新卒採用をする理由

    サポーターズ エバンジェリストの久松です。他に合同会社エンジニアリングマネージメントにて社長兼「流しのEM」として複数企業で組織づくりなどを担当しています。本noteでは、新卒エンジニア採用に関する「よもやま話」を月1ペースで発信して参ります。 前回のコンテンツでは、24新卒ITエンジニア採用マーケットについてお話しました。決して安くはないという感覚が伝わればと思います。 ある程度まとまった採用コストがかかるため、企業内予算獲得のためには「新卒採用をする理由」が必要です。

    スキ
    23

    24新卒ITエンジニア採用マーケット

    サポーターズ エバンジェリストの久松です。他に合同会社エンジニアリングマネージメントにて社長兼「流しのEM」として複数企業で組織づくりなどを担当しています。本noteでは、新卒エンジニア採用に関する「よもやま話」を月1ペースで発信して参ります。(第一回は以下) 第二回の今回は24新卒ITエンジニアの採用マーケット感についてです。 採用単価採用単価には1on1イベントや人材紹介費用などの他に、企業の認知を目的とした各種ブランディング施策で発生する費用が含まれます。特に後者に

    スキ
    24

    24新卒採用におけるサマーインターンの位置付けとトレンド

    サポーターズ エバンジェリストの久松です。他に合同会社エンジニアリングマネージメントにて社長兼「流しのEM」として複数企業で組織づくりなどを担当しています。本noteでは、新卒エンジニア採用に関する「よもやま話」を月1ペースで発信して参ります。 中途エンジニア採用は2012年から、新卒エンジニア採用は2014新卒の頃から携わっています。今回は新卒の母集団形成の一種であるサマーインターンについて、トレンドを交えながらお話ししていきます。 サマーインターン開催の利点サマーイン

    スキ
    24

    技育プロジェクト 実施報告まとめ

    技育プロジェクトの実施報告noteをまとめます!

    すべて見る

    技育展2022を開催しました

    学生エンジニアのためのピッチコンテスト「技育展2022」が無事終了いたしました。実施の様子などをレポートします。 技育展とは技育展は「アウトプットの促進を目的としたエンジニアを目指す学生のためのピッチコンテスト」です。今回で3回目の開催となります。 特徴はこの3つ。賞金600万円(!!)とプライドを賭け、自らの作品を引っさげて予選審査を勝ち抜いた180作品、約400名のエンジニア学生が集結しました。 「 "技" 術者が "育" つ」理由技育展は、単なるピッチコンテストで

    スキ
    1

    技育CAMPハッカソンレポートvol7

    ■技育CAMPとは技育CAMPとは、エンジニアを志す学生の皆さんにハッカソンと勉強会を通して、継続的なインプットとアウトプットの場を提供するスキルアップ支援プラットフォームです。 ハッカソンは月1-2ペースで定期開催され、メンターや賞金もある充実のサポート体制をご用意。ただ自称「日本一参加ハードル低いハッカソン」として毎回6割以上が初ハッカソン勢という初心者向けハッカソンです。 2021年は約5,000名が参加し、約280作品が本ハッカソンから誕生しました。 技育CAM

    スキ
    1

    技育CAMPハッカソンレポートvol6

    ■技育CAMPとは技育CAMPとは、エンジニアを志す学生の皆さんにハッカソンと勉強会を通して、継続的なインプットとアウトプットの場を提供するスキルアップ支援プラットフォームです。 ハッカソンは月1-2ペースで定期開催され、メンターや賞金もある充実のサポート体制をご用意。ただ自称「日本一参加ハードル低いハッカソン」として毎回6割以上が初ハッカソン勢という初心者向けハッカソンです。 2021年は約5,000名が参加し、約280作品が本ハッカソンから誕生しました。 技育CAM

    技育CAMPハッカソンレポートvol5

    ■技育CAMPとは技育CAMPとは、エンジニアを志す学生の皆さんにハッカソンと勉強会を通して、継続的なインプットとアウトプットの場を提供するスキルアップ支援プラットフォームです。 ハッカソンは月1-2ペースで定期開催され、メンターや賞金もある充実のサポート体制をご用意。ただ自称「日本一参加ハードル低いハッカソン」として毎回6割以上が初ハッカソン勢という初心者向けハッカソンです。 2021年は約5,000名が参加し、約280作品が本ハッカソンから誕生しました。 技育CAM

    スキ
    1

    技育展まとめ

    技育展の参加ユーザーによる感想noteをまとめます!

    すべて見る

    技育展2022を開催しました

    学生エンジニアのためのピッチコンテスト「技育展2022」が無事終了いたしました。実施の様子などをレポートします。 技育展とは技育展は「アウトプットの促進を目的としたエンジニアを目指す学生のためのピッチコンテスト」です。今回で3回目の開催となります。 特徴はこの3つ。賞金600万円(!!)とプライドを賭け、自らの作品を引っさげて予選審査を勝ち抜いた180作品、約400名のエンジニア学生が集結しました。 「 "技" 術者が "育" つ」理由技育展は、単なるピッチコンテストで

    スキ
    1

    イベントレポート 【第13回】初学者歓迎!技育展優秀賞 神戸大学生 LT「はじめてハッカソンのすゝめ」

    こんにちは、Kobe x Engineer's Lab (神戸エンジニアラボ) です! 本記事は、11/6(土) 13:00 に開催致しました LT イベントのレポート記事になります!非常に盛り上がった回となりましたので、ダイジェスト版にはなりますが、内容をレポートしてお届け致します! 登壇者は、先日開催された技育展で優秀賞を受賞された たかっしー 氏! 初学者の方向けに、アプリ制作の経験なくてもとりあえずハッカソンにでてみようという話と、簡単に作れるアプリ制作の方法(ライ

    スキ
    8

    技育展終了_感想_前編

    先月,技育展というエンジニア向けのピッチコンテストに参加しました。 こちらのコンテストは様々な部門があり,テーマに沿って自分のアウトプットした作品を発表します。 まずは出ている人達の一人一人の発表が本当に凄かった!!!! これに尽きます。(ちなみに自分は「初めてのアウトプット」という部門に出てUnityを用いたゲーム開発の作品を出しました。) ここでは以下のトピックに分けて書こう思います。 ・技育展に出ようと思ったきっかけ ・登壇が決定した後から本番まで ・実際

    スキ
    3

    技育展を2連覇しました

    こんにちは、にゃにゃんです。 題名の通り、なんと 技育展を2020年と2021年で2連覇しました! とても嬉しいです!というわけでこの記事では今年の技育展で何をしたのかを書いていこうと思います。 ちなみに去年の記事はこちらです 技育展とは 学生向けのものづくり(主にIT分野)コンテストです。 個人やチームで開発したものを発表します。いくつかのテーマがあって、私は去年も今年も「無駄開発」部門に出ました。 今年の場合、各テーマに優秀賞と最優秀賞があり、優秀賞は10万

    スキ
    11

    ユーザーインタビュー

    サポーターズのユーザーにインタビュー!

    すべて見る

    未経験エンジニアが、1on1でメガベンチャーに内定をもらえた理由

    ー 薬学部からエンジニアを志望するようになったキッカケはなんですか? 大学院入試が終わったタイミングに何気なくみていたYouTubeの動画で「これからの時代は個人でスキルを身につける時代だ」というメッセージがありました。そこで自分も何かスキルを身につけたいと思い、以前から少し興味をもっていたプログラミングに一念発起して挑戦してみた、という流れです。 ー プログラミングに取り組むにあたって、まず何からはじめましたか? 幸いなことに、アルバイト先にエンジニアとしてとあるメガ

    スキ
    4

    WEB系企業を目指し、メンターと共に過去の自分と徹底的に向き合う

    ー まずは学生生活についてお伺いしたいと思います。どのような学生生活でしたか? 学部生時代は3年生まではサークル活動でよさこいに熱中していましたね。 週に3回活動したり、土日は1日中練習だったりと体育会に近いサークルでした。 元々大学院に進学する予定だったので学部生時代は特に就活を意識した活動はしていませんでした。 ー プログラミングをはじめたキッカケはなんですか? 自分の大学では3年生になるタイミングで研究室に配属されるのですが、配属されてすぐに先輩後輩でチームを組ん

    スキ
    7

    技育プロジェクトで偶然出会った仲間とプロダクト創りに没頭

    ー まずは学生生活についてお伺いしたいと思います、どのような学生生活でしたか? 池田 機械学習の研究に没頭していたこともあり、プログラミングを用いてサービス開発はしたことがなかったです。そもそも何か創りたくても一緒に開発をしてくれる友達がいない状況でした。 國司 特に目立った活動はしておらず、どこにでもいる情報系学生の一人でした。プログラミングでサービス開発なんてもちろんしたことがなく。ただ就活に向けて何かしなければ、と焦りだけが募る一方でした。 ー そんな中、どのよう

    スキ
    1