サポーターズ公式note

「カッコイイオトナを増やす」というビジョンの元、エンジニア学生の約3人に1人が利用する就活支援サービスを運営している【株式会社サポーターズ】の公式noteです。

サポーターズ公式note

「カッコイイオトナを増やす」というビジョンの元、エンジニア学生の約3人に1人が利用する就活支援サービスを運営している【株式会社サポーターズ】の公式noteです。

    マガジン

    • 企業事例インタビュー

      サポーターズをご利用頂いている企業さんに代表楓がインタビュー!

    • 新卒エンジニア採用よもやま話

      サポーターズエヴァンジェリスト久松による、新卒エンジニア採用に関するよもやま話を月1で更新

    • 技育プロジェクト 実施報告まとめ

      技育プロジェクトの実施報告noteをまとめます!

    • 技育展まとめ

      技育展の参加ユーザーによる感想noteをまとめます!

    • ユーザーインタビュー

      サポーターズのユーザーにインタビュー!

    リンク

    最近の記事

    • 固定された記事

    「エンジニア不足」について本気で考えてみませんか?

    サポーターズ代表の楓です。我々は2012年の創業以来、約7万人の学生エンジニアの就活支援、約1,000社の採用支援を行ってきました。手前味噌ですが、新卒エンジニア採用の領域では相当実績のある会社だと思っています。 ただどれだけ採用支援しても「エンジニアが足りない」「採れない」というのがほぼ全ての経営者、採用担当の方から言われる言葉です。 今日は、それがなぜなのか?そのために何ができるのか?をちょっとじっくり考えてみたいと思います。 「エンジニア不足」は社会課題だお察しの

      • 高専でエンジニアが授業も 独自路線を貫くフラーの新卒エンジニア採用戦略

        デジタルに特化したもの創りのプロフェッショナル集団・フラー。特徴的なのは、従業員のうち約2割が高等専門学校出身ということ。フラーが新卒エンジニア採用を強化する理由とは。VPoE エンジニアリンググループ テックリード 畠山創太さん、人事採用グループ 採用ユニット ユニットリーダー 林瑞穂さんに、サポーターズ 代表 楓が聞きました。 新卒エンジニア採用・育成のポイント 「言われたものを作って納品して終わり」ではないフラーのこだわりを伝える 登山アプリをつくるときはチーム全

        • ヤプリ CTOと新卒エンジニア第1号に聞く初めての新卒採用、オンボーディングの秘訣とは?

          アプリ開発・運用・分析をノーコード(プログラミング不要)で提供するアプリプラットフォームYappli(ヤプリ)。開発・運用・分析がオールインワンで完結できるとあって、さまざまな業界で導入が増えています。 ヤプリが新卒エンジニア採用を強化した理由とは。そして、新卒エンジニアをうまくオンボーディングする秘訣とは。執行役員 CTO 佐藤源紀さんと、新卒エンジニア第一号のプロダクト開発本部 加納辰真さんに、サポーターズ 代表 楓が聞きました。 新卒エンジニア採用・育成のポイント

          • 国内最大の学生向けテックカンファレンス「技育祭2022(秋)」を実施しました!

            2022年10月14日〜16日にかけて、学生エンジニア向けテックカンファレンス「技育祭」(ぎいくさい)が実施されました。本日はそのご報告を兼ねて、3日間を振り返ります! ■ 技育祭とは日本最大のイベント 技育祭は、学生エンジニア向けとして日本最大のテックカンファレンスです。業界を代表するゲストが、未来のエンジニアたちに向けて、技術やキャリアの講演/勉強会を3日間に渡ってお届け。2020年にスタートし、今回で5回目の開催となります。 ゲストが超豪華 技育祭の特徴はなんと

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 企業事例インタビュー
            サポーターズ公式note
          • 新卒エンジニア採用よもやま話
            サポーターズ公式note
          • 技育プロジェクト 実施報告まとめ
            サポーターズ公式note
          • 技育展まとめ
            サポーターズ公式note
          • ユーザーインタビュー
            サポーターズ公式note
          • 技育祭まとめ
            サポーターズ公式note

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            急成長スタートアップのLayerX、エンジニアコミュニティでの活躍が採用の原動力に

            「すべての経済活動を、デジタル化する。」をミッションに掲げるSaaS/FintechスタートアップのLayerX。2018年の創業当初はブロックチェーン事業が主でしたが、2020年頃にピボット。現在は、日本社会全体の課題であるデジタル化に注力しています。 そんなLayerXが、新卒エンジニア採用に力を入れている理由とは。執行役員CHRO(Chief Human Resource Officer)石黒卓弥さん、エンジニアの白井清貴さんに、サポーターズ 代表 楓が聞きました。

            これでもう迷わない 新卒採用での自社の強みを整理しよう

            今回のテーマは「自社の強みの整理」についてです。候補者に訴求するだけでなく、採用体制をスケールさせるためにも必要なのが、事前に自社の強みを整理することです。新卒ITエンジニア採用を念頭に置きながらお話します。 自社の強みの整理を何故しなければならないのか2015年頃までの就職氷河期に伴う買い手市場では、企業は応募のあった候補者に対して選ぶ立場のみで問題ありませんでした。しかし売り手市場の現在では候補者を選びつつも、候補者から進路として企業が選ばれなければなりません。 言

            事業共創カンパニーのRelic、怖いもの知らずの新卒エンジニアが組織を活性化

            新規事業開発やイノベーション創出を支援する事業共創カンパニー Relic。新規事業支援に特化した独自のSaaS、新規事業開発やイノベーション創出に関わる一気通貫のトータルソリューション、ベンチャー・スタートアップへの投資など、事業共創のプラットフォームを形成しています。 Relicの新卒エンジニア採用、育成におけるこだわりとは。取締役CTO プロダクトイノベーション事業本部長 大庭亮さんに、サポーターズ 代表 楓が聞きました。 新卒エンジニア採用・育成のポイント 新卒エン

            技育展2022を開催しました

            学生エンジニアのためのピッチコンテスト「技育展2022」が無事終了いたしました。実施の様子などをレポートします。 技育展とは技育展は「アウトプットの促進を目的としたエンジニアを目指す学生のためのピッチコンテスト」です。今回で3回目の開催となります。 特徴はこの3つ。賞金600万円(!!)とプライドを賭け、自らの作品を引っさげて予選審査を勝ち抜いた180作品、約400名のエンジニア学生が集結しました。 「 "技" 術者が "育" つ」理由技育展は、単なるピッチコンテストで

            地方の学生が「胡散臭い」サービスを使ってエンジニアとして駆け上がるまで

            ー 懐かしい話も出てくるかと思うけど、改めて畑中さんの過去について聞かせてください。そもそもプログラミングを始めたきっかけは何でしたか? 大学に入るまでは特にプログラミングには触れていませんでした。 情報系に進学したのも、正直これといった理由があったというよりは、エンジニアだった父親の影響を受けて、という感じです。 入学後は、授業ではC言語などのプログラミング言語に触れる機会はありましたが、それ以上の自分から何か開発するといったことはしてませんでした。サークルはプログラミン

            "Technology and Art"のスペシャリスト集団 すごいエンジニアを見抜き、育てるチームラボの手法

            最先端のテクノロジーを活用し、システムやデジタルコンテンツを創り出すチームラボ。ここには、エンジニア、アーティスト、CGアニメーター、数学者、建築家など、さまざまな才能が集結している。チームラボが新卒エンジニア採用・育成において大切にしていることとは? 取締役CTO田村さん、採用担当山田さんに、サポーターズ 代表 楓が聞きました。 新卒エンジニア採用・育成のポイント 入社後の研修で土台となる技術力とマインドを育成 学校訪問などに加え、オンラインでの採用活動を強化 スカ

            エンジニア新卒採用に向けた社内体制構築方法

            サポーターズ エバンジェリストの久松です。他に合同会社エンジニアリングマネージメントにて社長兼「流しのEM」として複数企業で組織づくりなどを担当しています。本noteでは、新卒エンジニア採用に関する「よもやま話」を月1ペースで発信して参ります。(第一回は以下) 今回は新卒ITエンジニア採用体制の構築方法についてです。 なぜ人事だけの採用体制では不十分なのか?昨今、新卒に限らずエンジニアの採用難に伴い、採用の場にエンジニア正社員がアサインされるケースがあります。一部のエンジ

            DeNAが貫く、学生の人生にコミットする新卒エンジニア採用

            エンターテインメントと社会課題解決の2つを軸に、さまざまな事業を展開するDeNA。「技術を活かし、新しい価値を創造する」をテーマに、多様な専門性を持つエンジニアが切磋琢磨する環境だ。そんなDeNAが、新卒エンジニア採用に力を入れている理由とは。常務執行役員 CTO 小林篤さん、新卒採用マネージャー 長尾周一さんに、サポーターズ 代表 楓が聞きました。 新卒エンジニア採用・育成のポイント 経験と勘に頼った新卒エンジニア採用活動からの脱却 「学生の人生にコミットする」を掲げ

            著書『新卒エンジニア採用マニュアル』が発売になりました

            サポーターズ代表の楓です。この度著書『ゼロからわかる 新卒エンジニア採用マニュアル』があさ出版社より2022年9月20日に発売されました。全国の書店ほか、Amazonなどで発売中です。 本noteでは、そんな本書のダイジェストに加え、背景や想いについて記したいと思います。 『新卒エンジニア採用マニュアル』とは本書は、「新卒エンジニア採用」支援のリーディングカンパニーとして培ったノウハウ、データ、想いを全て詰め込んだ一冊になっています。  - 第1-3章はデータ&ノウハウ

            金融・デジタルプラットフォーマーを目指す三菱UFJ銀行 自ら企画・開発し、多くのユーザーに使ってもらう魅力

            日本最大のメガバンクである三菱UFJ銀行は、「金融・デジタルプラットフォーマー」を目指し、様々なプロジェクトに取り組んでいます。新卒エンジニア採用は10年以上前から続けており、独自の教育体制で未来の金融サービスを担う人材を育成しています。三菱UFJ銀行ではエンジニアがどのような活躍をしているのでしょうか。三菱UFJ銀行 システム企画部 人事教育グループ 河野友紀子さんに、サポーターズ 代表 楓が聞きました。 新卒エンジニア採用・育成のポイント 多くのお客さまがご利用する社

            非IT業界でもエンジニアが活躍 DXを加速する日揮が新卒エンジニア採用を始めた理由

            日揮グループは、石油や天然ガスといったエネルギー関連の工場、プラントの建設を中心に、さまざまな国と地域で社会インフラを造ってきた世界トップクラスのエンジニアリングコントラクターです。そんな日揮が今、新卒エンジニア採用に力を入れる理由とは。執行役員 DO(デジタルオフィサー)谷川圭史さん、Digital Project Delivery部の細谷竜馬さん、瀬下亜蘭さんに、サポーターズ 代表 楓が聞きました。 新卒エンジニア採用・育成のポイント 内製化を進めるために新卒エンジニ

            技育CAMPハッカソンレポートvol7

            ■技育CAMPとは技育CAMPとは、エンジニアを志す学生の皆さんにハッカソンと勉強会を通して、継続的なインプットとアウトプットの場を提供するスキルアップ支援プラットフォームです。 ハッカソンは月1-2ペースで定期開催され、メンターや賞金もある充実のサポート体制をご用意。ただ自称「日本一参加ハードル低いハッカソン」として毎回6割以上が初ハッカソン勢という初心者向けハッカソンです。 2021年は約5,000名が参加し、約280作品が本ハッカソンから誕生しました。 技育CAM