サポーターズ公式note

「カッコイイオトナを増やす」というビジョンの元、エンジニア学生の約3人に1人が利用する…

サポーターズ公式note

「カッコイイオトナを増やす」というビジョンの元、エンジニア学生の約3人に1人が利用する就活支援サービスを運営している【株式会社サポーターズ】の公式noteです。

マガジン

  • サポーターズ社内のあれこれ

    サポーターズの人、カルチャー、オフィスなどについてのあれこれ

  • 利用企業事例

    サポーターズをご利用頂いている企業様に代表がインタビュー!

  • エンジニア就活のポイント

    これから就活を迎えるエンジニア学生の皆さまへ。就活時に意識してほしいことを月1で発信していきます!

  • 新卒エンジニア採用よもやま話

    サポーターズエヴァンジェリスト久松による、新卒エンジニア採用に関するよもやま話を月1で更新

  • 技育プロジェクト 実施報告まとめ

    技育プロジェクトの実施報告noteをまとめます!

リンク

最近の記事

  • 固定された記事

「エンジニア不足」について本気で考えてみませんか?

サポーターズ代表の楓です。我々は2012年の創業以来、約7万人の学生エンジニアの就活支援、約1,000社の採用支援を行ってきました。手前味噌ですが、新卒エンジニア採用の領域では相当実績のある会社だと思っています。 ただどれだけ採用支援しても「エンジニアが足りない」「採れない」というのがほぼ全ての経営者、採用担当の方から言われる言葉です。 今日は、それがなぜなのか?そのために何ができるのか?をちょっとじっくり考えてみたいと思います。 「エンジニア不足」は社会課題だお察しの

    • 【イベントレポート】新年会 兼 人事交流会

      こんにちは! この度、1月22日(月)に虎ノ門ヒルズにあるサポーターズオフィスにて、 新年会 兼 人事交流会を開催しました! こちらの記事では、当日の様子をお届けします! 新年会 兼 人事交流会 開催背景このイベントは、 サポーターズ代表楓からのライトニングトークや 人事の方同士での交流のお時間によって 人事の方が抱えるエンジニア採用に対する不安や疑問を解決できるような イベントとなっております。 今回は史上最多のお申し込みを頂き、 Sansan様、RIZAP様、ZOZO

      • サポーターズオフィス@虎ノ門ヒルズへの行き方

        こんにちは! 2023年12月に、サポーターズのオフィスが 渋谷ソラスタから虎ノ門ヒルズステーションタワーへと移転しました! そこで、迷わずにお越しいただけるよう、行き方noteを書いてみました! 日比谷線の虎ノ門ヒルズ駅からの行き方と、銀座線の虎ノ門駅からの行き方を案内しますので、参考にしてみてください! 前提:虎ノ門ヒルズ"ステーションタワー"虎ノ門ヒルズ駅周辺には○○タワーとつく名前のビルが多く存在します。 (ex.ビジネスタワー、森タワー) サポーターズのオフィス

        • 内定承諾率80%超 大手を抑え、ワクトが新卒エンジニアに選ばれる理由

          Webアプリケーションやスマホアプリの開発を得意とするワクト。従業員数71名(2024年1月時点)。請負開発はもちろん、2016年3月からは交通量調査に最適な「全方向トラフィックカウンター」を自社開発するなど、「ものづくり」に特化したエンジニア集団です。今後さらに注力していくのは、中小企業のDX支援。システム開発によって企業の業務プロセスを効率化し、DXを進めていこうとしています。 2022年卒からは新卒エンジニア採用を強化。22卒は2名、23卒は10名、24卒は7名を採用

        • 固定された記事

        「エンジニア不足」について本気で考えてみませんか?

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • サポーターズ社内のあれこれ
          サポーターズ公式note
        • 利用企業事例
          サポーターズ公式note
        • エンジニア就活のポイント
          サポーターズ公式note
        • 新卒エンジニア採用よもやま話
          サポーターズ公式note
        • 技育プロジェクト 実施報告まとめ
          サポーターズ公式note
        • 利用学生の声
          サポーターズ公式note

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          第8回:就活の意思決定について

          こんにちは! サポーターズの太田です。 前回に続き、エンジニア職に焦点をあて、「エンジニア就活のポイント」を1年をかけて、月1回のペースでこちらのnoteに発信していきます! 今回で最終回となります。 ぜひこれまでの記事も合わせてご一読ください。 今年も残り僅かですね! 25卒の方の中では内定をもらって、内定を承諾するか、それとも就活を続けるか。意思決定を悩まれる方もいるのではないでしょうか。 最終回ということで、最後に「就活の意思決定」について発信していきます。

          第8回:就活の意思決定について

          第7回:エンジニア職種について

          こんにちは! サポーターズの太田です。 前回に続き、エンジニア職に焦点をあて、「エンジニア就活のポイント」を1年をかけて、月1回のペースでこちらのnoteに発信していきます! 今回で7回目となります。 ぜひこれまでの記事も合わせてご一読ください。 ■エンジニアの職種について 前回の記事では企業の選び方を話しましたが、エンジニアのキャリアを考えるうえで「職種」も重要となります。 同じエンジニアでも職種によって、ミッションや扱う言語など、異なることも多いです。 新卒では

          第7回:エンジニア職種について

          物流を支えるSGシステム 実務さながらのインターンと徹底した個へのアプローチで内定承諾率アップ

          人手不足や燃料費の高騰、ドライバーの残業規制の強化によって物流の停滞が懸念される「2024年問題」など、多くの課題を抱える物流業界。SGシステムは、佐川急便をはじめとするSGホールディングスグループのIT統括企業として、ドライバーの配送順序、配送ルートを地図上でサポートするシステムや荷物の受け渡しをスムーズに行うためのシステムなどを開発しています。1983年の創立当初から新卒採用を続ける同社が大切にしているのは、学生一人ひとりとしっかり向き合うこと。SI第1事業部の小林太助さ

          物流を支えるSGシステム 実務さながらのインターンと徹底した個へのアプローチで内定承諾率アップ

          「生涯現役エンジニア」を追求するシステムゼウス 役員自ら新卒エンジニア採用に全力

          アプリケーションの受託開発をメインとするシステムゼウスは、社員67人のうち実に63人がエンジニア。「生涯現役」を企業理念に一人ひとりが技術を磨き続け、中には60歳を越えてなお最前線で活躍するエンジニアもいるそうです。そんな同社が、中途採用をやめ、新卒エンジニア採用に力を入れる理由とは。ダイヤの原石を見つけ出し、事業のコアを担うエンジニアへと育成するためのポイントとは。取締役COO 飛田直人さんに聞きました。 新卒エンジニア採用・育成のポイント 中途採用をやめ、新卒エンジニ

          「生涯現役エンジニア」を追求するシステムゼウス 役員自ら新卒エンジニア採用に全力

          NRIの超実践型現場配属インターンシップ 学生と社員の双方に大きな学び 

          野村総合研究所(NRI)は、経営コンサルティングとITソリューションの両輪で、社会課題の解決と未来社会の創発に取り組んでいます。新卒採用のキーワードは、学生にNRIのありのままを見せる「RJP(Realistic Job Preview)」。現場配属型インターンシップではリアルなNRIを体験することができます。人事を務めるのは、現場で多くの経験を積んだメンバー。今回は、人事部採用課のアプリケーションエンジニア職入社の野田裕太さん、同じくテクニカルエンジニア職入社の江草睦さんに

          NRIの超実践型現場配属インターンシップ 学生と社員の双方に大きな学び 

          エンジニアとの協働でインターンを大幅見直し――試行錯誤の末たどり着いたパーソルキャリア流・新卒エンジニア採用の極意

          転職サービス「doda(デューダ)」をはじめ、さまざまな人材サービスを手掛けるパーソルキャリア。社員約5,700人のうち、IT系専門職は約400人(2023年3月時点)。昨年から約200人増えていることからも、ITを活用したプロダクト開発にかなり力を入れていることが分かります。しかし、順風満帆に見える一方で、新卒エンジニア採用には苦い経験もあるそうで……そこからどう立ち直ったのか、同社の新卒採用部 田中里奈さんに聞きました。 新卒エンジニア採用に力を入れる理由 楓:御社は

          エンジニアとの協働でインターンを大幅見直し――試行錯誤の末たどり着いたパーソルキャリア流・新卒エンジニア採用の極意

          第6回:企業の選び方

          こんにちは! サポーターズの太田です。 前回に続き、エンジニア職に焦点をあて、「エンジニア就活のポイント」を1年をかけて、月1回のペースでこちらのnoteに発信していきます! 今回で6回目となります。 ぜひこれまでの記事も合わせてご一読ください。 ■企業の選び方について さて、夏休みにも入り、サマーインターンや本選考期に向けての準備を始めている方もいるのではないでしょうか。 今回は、実際に本選考で企業を受けるにあたって「企業を選ぶうえでのポイント」をお伝えしたいと思い

          第6回:企業の選び方

          予算計画における新卒エンジニアの採用単価

          新卒採用の中でもエンジニアついては年々通年採用の色合いが強くなっています。採用の加熱に伴い採用チャネルの多様化が進んでおり、採用予算の計画もまた年々難しくなっています。今回は中途採用と新卒採用の違いについて予算の観点から整理をし、予算計画の際に留意すべきポイントについてお話していきます。 中途エンジニア採用との違い中途採用を中心とした採用をしてきた企業にとって、カジュアル面談や選考についてのイメージがついている組織は多いかと思います。新卒では特に能動的に動くことができる優秀

          予算計画における新卒エンジニアの採用単価

          技育展にエントリーするか迷っている人に知ってほしい5つの真実

          学生エンジニアのためのピッチコンテスト「技育展」。 今年は初のブロック予選(オンライン開催)と決勝大会(リアル開催)に分かれ、かつてないスケールでの開催となります。 予選のエントリー締切が7/30(日)に迫っていますが「作品はあるけどエントリーするか迷っている」「ぶっちゃけビビってる」そんな方々にこそ知ってほしい「登壇するとこんな良いことがある」5つの真実をお伝えします。 真実①:全チームにフィードバックがもらえる今年の技育展は、エリアごとのブロック予選(オンライン)が実

          技育展にエントリーするか迷っている人に知ってほしい5つの真実

          未来のモビリティを創造するボッシュ、歴史ある製造業がソフトウェアエンジニアを採用するには

          ドイツ発・世界トップクラスの自動車機器サプライヤーとして、日本国内はもちろんグローバルに展開するボッシュ。100年に一度の変革期を迎えた自動車業界にあって、未来のモビリティの創造、ソフトウェア・デファインド・ビークル(SDV)の実現に向け、新卒ソフトウェアエンジニア採用に力を入れています。  1886年の創業以来、自動車業界でのものづくりを牽引してきた同社が、そのイメージを一新し、ソフトウェアエンジニアを採用するための工夫とは? 新卒採用に携わる佐藤礼菜さん、鬼塚郁実さんに

          未来のモビリティを創造するボッシュ、歴史ある製造業がソフトウェアエンジニアを採用するには

          BtoBの自社プロダクトで国内シェア1位「安定した既存事業×最先端技術による新規事業」で挑戦し、ものづくりを楽しむ人材を育てるウイングアーク1st

          ウイングアーク1st株式会社は「情報に価値を、企業に変革を、社会に未来を。」をビジョンとして掲げています。「データ活用はウイングアーク」のCMでもおなじみ。同社が開発する、企業の帳票類の設計・出力をオールインワンで実現する総合帳票基盤「SVF」は実に国内シェア約70%。今でこそ企業の書類をデジタルで設計し、そのデータを様々な企業活動に活用することが当たり前になっていますが、「SVF」誕生当時の1996年には画期的でした。 約30年経った今も、同社は最先端技術で新しいプロダク

          BtoBの自社プロダクトで国内シェア1位「安定した既存事業×最先端技術による新規事業」で挑戦し、ものづくりを楽しむ人材を育てるウイングアーク1st

          第5回:夏休みの過ごし方

          こんにちは! サポーターズの太田です。 前回に続き、エンジニア職に焦点をあて、「エンジニア就活のポイント」を1年をかけて、月1回のペースでこちらのnoteに発信していきます! 今回で5回目となります。 ぜひこれまでの記事も合わせてご一読ください。 ■夏休みの過ごし方 さて、7月に入ると夏休みが始まる方も多いかと思います。 友達と遊んだり、サークル活動やアルバイトに明け暮れたりすることも大事ですが、2025卒でエンジニア志望の学生にとっては、この夏休みの過ごし方が周りと

          第5回:夏休みの過ごし方